FC2ブログ

Entries

お店での出来事(学生さんのお客様)

今年も、学生さんがやってくる時期になってきた。
郊外授業とでもいいうのかな?
私たちの頃は、修学旅行といっていたけれど、
5/6人のグループに分かれて行動しているようだ。

ただ、お土産だけ買うのでは、つまらないだろうと思って、
なるべく、時間が許す時は、声をかける。
浅草の話・昔話・昔からある品物の言われなど、
知ってる範囲で聞かれれば答える。
「楽しんでかえってってね。」がご挨拶。

ホームステイの時期には、友人に英訳してもらった
七福神や十二支の英語版などを、プレゼントする時がある。
文化交流の少しでも役に立てればとか、
行き先で、お話の種になればとの願いを込めて。
「度胸で乗り切って、楽しんじゃい」がご挨拶。

みんな、変なおばさんがいるなと、思ってるだろうなあ。

外国の学生さんたちにも同じ、
ただ、「楽しかったら、またおいでね」がご挨拶。

みんな、素直に良い子ばかり、変な大人にそまらないようにと、
心から、息子や娘を見るような思いで、期待しながら送り出す。

教育の重さを最近、特に感じ始めている。
なんとなく何かが狂ってきたのは、
きれいな子供たちをしっかり支えられない、私たちの年代の責任。
必死で子供を育てても、守りきれない時代を切なく感じ振り返る。

若者たちよ、出来の悪い大人に負けず、
がんばって、そだってください。
祈りを込めて今日もかわいい学生さんのお客様を送り出した。
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://riki00.blog36.fc2.com/tb.php/118-a924f682

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

てるみ

Author:てるみ
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索