FC2ブログ

Entries

お家での出来事(お寺さんへ墓参り)

大女将のお墓は、大女将のお父様が作ってくれたらしく、
親戚の家の近くにあるが、世田谷区の奥
青砥から出発すると、東京を横断することにになる。
大女将がいけなくなったので、代わりに行くことにした。

一日がかり、お寺さんでお住職に報告してお話を伺う。
興味深かったのは、いろいろなお寺さんの形態。
檀家さん中心であったり、
神社を持ちいろいろな商業体系をもってたり。
商魂たくましいい寺さんだったり、
総本山に近い宗派だったり、

実家は、霊園のため、ちょっと違うみたい。

ご住職とお話をするのは、法事くらいで、
あまり、たちいったはなしはしなかった。

家に帰る頃には、もう暗くなってしまった。
いえにはいって、何分かすると、介護センターより電話がなった。

大女将が、嘔吐し、近くの病院に運ばれたが、
話が伝わらなくて暴れているので、
拘束を許可してほしいとのことだった。

あわてて、車に戻り病院に向かった。
お墓のお掃除なんてしたからかしらと・・・・・ふっと、思う。
先日、血圧の上昇でかけつけたところなので、
心配しながら、話を聞きに行った。

どうやら、何日か前、
目を離したときにあるこうとして、ころんだとき、
ガラスのようになっていた骨がかけてしまったようで、
手術をすることになってしまった。

足は指だけで済んだのに、別のけがで、手術になってしまった。
よくあることなのだそうだが、残念!!
お話が伝わらないので、なかなか難しいようだ。

手術の後、じっとしていてくれればいいのだが・・・・動いてしまうと・・・・・。
大女将は、素直に聞いてくれるかな・・・・・
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://riki00.blog36.fc2.com/tb.php/339-fc4f0455

0件のトラックバック

2件のコメント

[C73] お疲れ様です。

代理でお墓参りしたのに。。。(´。`)ふぅ
でもね!認知症があると難しいですね!
友達の所も、大たい骨の骨折で繋ぎのボルトを入れる手術をした翌日に病室を歩き回り、一週間位で、リハビリも無く、強制退院。
歩けるようになって、介護度も下がりデイの日にちが減る。家族にとっては介護が増える。
ゆっくり聞けば、原因は簡単な事かも。。。?
施設に居ても、気が休まる事はないですね!
お大事に。。。( ^.^)( -.-)( _ _)

[C74]

手術のことも分かっているのかどうか・・・・。
とりあえずは、付き添にいってきます。
あとは、 その都度、対処していくしかないもんね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

てるみ

Author:てるみ
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索